化粧品ランキングで選ぶ|アトピー肌に合う物を見つけ隊!

顔を綺麗に洗う

洗顔石鹸の注意点とは

女性

洗顔石鹸を使った洗顔の良さが見直されてきています。洗顔石鹸は界面活性剤を使用していないので、アレルギーを持っている人や敏感肌の人でも使うことができます。 しかし、そんな洗顔石鹸を使った洗顔でも注意すべきことがあります。まず、それまで洗顔フォームなどを使っていた人がいきなり洗顔石鹸を使うと肌がつっぱった感じがすることがあります。それまで使っていた洗浄力が強い洗顔フォームからいきなりアルカリ性の洗顔石鹸を使うと、肌が驚いてしまうためです。 数回洗うと慣れてきますが、一週間以上使っても肌がつっぱる感じが直らない場合は使用を中止すべきです。洗顔石鹸でも成分によって肌に合わないこともあります。自分の肌にあったものを使用することが大切です。

肌にいい石けん洗顔の良さ

洗顔石鹸が肌にいいのは、皮脂を落とし過ぎないというところです。肌が適度に皮脂バリアで覆われていることで、湿度や空気、エアコンの風、ほこりなどの外的刺激から肌が守られ、乾燥を予防できます。 洗顔石鹸で洗うときのコツとしては、洗顔ネットでよく泡立てること、そして泡をたっぷりと使って洗うことです。洗顔石鹸の泡は、アルカリ性の性質を持っています。アルカリ性の石鹸で洗顔をすることで、弱酸性の肌がアルカリ性に傾きます。そして肌が本来の弱酸性の状態にもどろうとすることで、肌が活性化されるのです。石けんの泡で洗ったあとは、熱いお湯を使わず、水かひと肌程度のぬるま湯を使って洗い流すようにすると乾燥を防ぐことができます。